勝てる投球術講座~其の六~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:250
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
今回はピンチでの精神統一法です。草野球などでピッチャーがいなくなったときの緊急登板時に心がけるポイントです。

STEP1まず打たれる、ということは仕方ないと考えて投げましょう。

それって負ける前提では?と思うかと思います。しかし弱気な顔よりも、開き直りで投げる顔のほうがずっといいですよ。バッターはピッチャーの心理が読みづらくなりますし。

STEP2そしてとにかく低め低めに投げることを心がけましょう。

バッターからしてみると「相手は緊急登板だから、打つチャンスだ」と打つ気を前面に打席に立ちます。
遅くても、しっかり低めに投げれば自然とひっぱりのゴロになりますよ。

STEP3

最後に、間違っても押えようという気持ちを出しすぎないように。ピッチングに慣れていない人が一番怖いのはヒットでもHRでもない、ワイルドピッチです。
力みからあらぬ方向に行ってしまい、無駄なランナー進塁だけは避けましょう。
先ほども言った通り、打つ気で来るのですから、打たせて取る。

これがベターです。

まとめ

また相手バッターの表情・バットの振りなども見ておきましょう。強気で来ているバッターなら上記の通り、引っ張りのゴロ打たせて。冷静なバッターならば流し打ちやセーフティスクイズもありえます。ファースト・サード(流し打ちで行く方向)に一言「そっち行くよ」と言うだけでちょっとしたけん制になります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

冷静な気持ち。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ