固定電話、あまり使わないなら安く済ませよう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:765
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
携帯電話の目覚ましい普及で、固定電話の出番が極端に少なくなってきたのではないでしょうか。
使わなくても、最低限度の料金は払わなくてはなりません。
それでも、まだ料金を節約する余地は残っています。

携帯電話の料金は、家族割や指定割、料金プランの見直しなど、多くの人が意識して料金を安くしようという意識をもっているのです。
固定電話はというと、あまり意識がないようです。

STEP1明細はネットで

NTT東日本では@リビングというサービスがあります。
毎月送付されてくる明細をネットで閲覧するというものです。
リビングの利用で毎月115円、年間で1320円の節約になります。

紙を使わないので、その分環境にも優しいアクションです。

STEP2不必要な機能は解除しよう

オプション機能は1種類ごとに料金が加算されています。
よく加入しているサービスは、キャッチホンではないでしょうか。
このサービスを解除すると、毎月300円、年間で3600円の節約になります。

STEP3眠っているテレカを使おう

今ではテレカなど持ち歩いている人を探すほうが至難の業です。
一昔前までは、記念品などで、よくテレカをもらいました。
使わずにしまったままのテレカがありませんか。

料金の支払いに使うことができます。
未使用のものに限り有効です。
手数料として、1枚につき50円を引かれます。

どうせ使うアテのない物ならば、消化してしまいましょう。

STEP4固定電話をよく使う

仕事などで固定電話をよく使うという方はIP電話へ切り替えましょう。
IP電話同士なら、料金は無料となりますし、通常の電話では市外・県外と料金が変わりますが、IP電話なら全国一律です。
遠く離れた家族との通話ならば、お互いにIP電話にしておけばどれだけ長電話をしても無料です。
国際電話も安くなります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ