「痛いっ!」寝ちがいを自分で治す方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1870
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
朝起きて、「痛いっ!」首が回らない痛みが走った経験はありませんか。
首の寝違いです。
振り返るのも、体ごと向きを変えなくてはいけないし、つい振り向いて痛みがびりっと来たときは最悪です。
寝違いと言っても、違えた部分によりますが、自分で治す方法を紹介します。

STEP1治せる寝違いかを確認してください。

痛みのある箇所から体のカーブに逆らわず、肩の方向へ指を移動させてください。
肩の先端にたどり着いたら、その寝違いは治すことができます。
会社に着く頃には、不思議なくらい痛みが和らいでいるでしょう。
お試しください。

STEP2手の甲にあるツボを刺激するだけなのです。

その場所は、
痛みがある方の手の甲、人差し指の骨と中指の骨の間を指で押さえながら手首の方向へ辿って行ってください。
2本の指の骨がくっつき合う手前に小さな窪みがあります。
そこが寝違いのツボです。
真下ではなく斜め下に向かって押してください。
押さえながらゆっくりと首を痛い方向へ回してください。
これ以上回らないという地点で5秒ほどキープ。
この動作を5回ほど繰り返してください。

ツボを押さえると、結構痛みがありますがひるまずグッと押してください。

通勤のバスや電車の中でも、思い出した時に行ってみると良いです。

会社に着く頃には痛みは和らいでいるでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ