豆柴を飼う

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:520
  • ありがとう数:0

はじめに

我が家にいる柴犬。

来る人来る人
「豆柴ですか?」
と聞いてきます。

豆柴なのかどうかはわからないけれど、確かに小柄な柴犬です。

柴犬ブームの中でも豆柴は人気で、ペットショップで豆柴といわれたのに大きくなったなんていうトラブルもあるようです。

STEP1

柴犬は年間6~7万頭生まれると言われていますが、そのうち豆柴は500頭前後だそうです。

つまり豆柴っていうのはかなり希少な存在と言うことになります。

STEP2

我が家で豆柴ですか?と言われる柴も単なる小柄な柴だと思います。

体重は5~6キロしかありません。
でも、豆柴が欲しかったわけではなく、ペットショップで売れ残っていた柴を買ってきたらあまり大きくならなかっただけです。

STEP3

では、豆柴を買う確率を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

STEP4

まずはブリーダーさんに会えるならば両親を見せてもらってください。

両親が小柄だと子供も小さい可能性が高いです。

STEP5さらに子犬のときに足が小さいとあまり大きくなりません。

柴犬のなかでもしっかりとした足をしている犬と、小さめな犬がいます。

STEP6

ペットショップでは生後3か月~5か月くらいの小さな犬が売られています。
その時にはその犬が大人になったときどういう成長をするのかは分かりにくいです。

ペットショップでは1歳近くなるとかなり値段が下がってきます。
しかし、そうなると大人になった姿は想像しやすくなりますし、値段も安くなり体も丈夫で飼いやすくなる。というメリットがあるのです。

まとめ

大きくなってから譲ってもらえば大人の姿が想像できます。
両親が小さいと子供も小さい可能性が高いです。
足の小さな犬を選びましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ