「低延燃性たばこ」の導入の検討方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:515
  • ありがとう数:0

はじめに

たばこの値上がりをきっかけに禁煙を決意する人も増える傾向があり、そのステップとして「電子たばこ」などが注目されています。一方、「総務省消防庁」では、たばこによる火災を防ぐための「低延燃性たばこ」の導入を検討する有識者協議会の設置を決めました。

STEP1

「低延燃性たばこ」とは、火のついたまま放置していても消えるたばこのことです。酸素の供給を抑制し、燃える速度を抑える帯をたばこの巻紙のなかに数か所、織り込む形になります。

STEP2

その結果、仮に、氷をつけたままで放置していても、たばこの火が消えるというメリットがあり、ソファやふとんなどに燃え移りにくくなるのです。それにより、火災の大きな原因となる たばこの火の不始末が軽減されることが期待されています。

まとめ

カナダでは国レベル、アメリカでは多くの州が取り入れている「低延燃性たばこ」ですが、欧州連合でも導入する方針だといわれています。
「低延燃性たばこ」は火災予防には効果が期待されますが、健康面での効果はないようです。健康被害を考えると「禁煙」してほしいというのが、「禁煙者」のひとりとしての本音です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

できれば「禁煙」してほしい

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ