甘酒は古代の栄養ドリンク?美容と健康によい甘酒

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:327
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ねここねこ
古くから日本では甘酒を飲む習慣がありました。
甘酒は実は夏の季語で、夏場の暑さでバテテいる時に栄養ドリンクとして飲まれていました。
これは、当時庶民がお酒が高くて飲むことができなかったので、その酒粕を利用したのが始まりです。
実はお酒そのものよりも絞った後の酒粕の方に栄養がたくさん含まれているのです。

STEP1

手軽なのは甘酒として製品で売られているものを購入することです。
そのまま飲めるので便利です。

もしくは、甘酒を作る場合には、酒粕を準備しましょう。
沸騰したお湯に酒粕を入れて煮ます。
その後、お好みでお砂糖を加えます。
出来上がり。

まとめ

甘酒には、アミノ酸、ビタミン類を始め、栄養素が豊富です。
夏でも冬でも飲みましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

甘酒 もしくは、甘酒を作る場合には、酒粕を用意

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ