勝てる投球術講座~其の四~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:323
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
アナタは1番バッターからランナーに出してしまいました。そんな時にどう次のバッターと対戦したら良いのか。まず盗塁を阻止し、無駄な進塁を防ぐ。そんな投球術講座です。

STEP1

草野球で駆け引きといえば「盗塁」か「バント」の二種類に絞れるでしょう。
ませている草野球チームは「エンドラン」など考えてくるかもしれないですが、まず初対戦のピッチャーにそんなリスクを背負って対戦しないでしょう。

STEP2盗塁をしてくる選手の特徴は

「けん制を3回してもベースから遠くに立っている」
「投球練習をしているときに素振りをするのではなく
 ピッチャーのクセを見抜こうとじっと見ている」
「口数が多い」
こんなところでしょうか。

足が速い、という基本的なことは今回置いておきます。

STEP3

上記の2つはプロの世界でもよく使われる方法ですね。先の塁を狙う姿勢は、盗塁という行動を行う前から下調べをしておきます。
失敗=流れを渡してしまうというギャンブルをするわけですから当然ですよね。
また口数が多い選手というのは「目立ちたい」人とも取れます。
そのため計画性の無い、無茶な盗塁をしてくる可能性もあります。

まとめ

盗塁を防ぐためにけん制の練習は日々行っておきましょう。

無駄にピンチを広げない為に、草野球でもけん制は必要です。

関連するタグ

必要なもの

練習あるのみ。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ