喪中の人への年賀状は?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:568
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
この時期、喪中のハガキが届くようになり、思わぬ訃報に驚くこともあります。ところで、喪中ハガキが届いた相手への年賀状については、いろいろな意見がありますね。みなさんは、どうしておられますか……。

STEP1

「喪中ハガキ」は、自分は年賀状を出せないという意味になるから、「喪中ハガキ」をもらった相手に「年賀状」を送ってもかまわないという考えが、若い世代を中心に多いので気になっていました。

STEP2

私は「喪中ハガキ」をもらった相手には「年賀状」は失礼にあたり、知らずに送ってしまった場合は、お詫びのハガキを出すものだと信じてきました。ところが……。

STEP3

「Wikipedia」で調べた内容を要約すると、喪中の人に年賀状を送っても失礼にならないということがわかりました。また、自分の家は今年は忌中なので年賀の挨拶ができなくて申し訳ありませんという意味があることも……。
しかし、喪中の家に年賀状を出すのは失礼という人もいることや、一般的には「寒中お見舞い」のハガキを出すことが多いともあります。

まとめ

年賀状にまつわるエピソードとして「早々には年賀状ありがとうございました」とメッセージを添えなくてもいいと聞いたことがあります。
毎年、恒例の年賀状ですが、どうしてもこれまでの慣例に従ってしまう部分があり、頭の切り替えが難しくなります。
自分がよかれとして行動したことが、相手の誤解のもとになるかもしれないのですから、ほんとうに難しいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

自分の適性な判断

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ