大食いのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:21402
  • ありがとう数:0

はじめに

わんこそば、バイキングなど大食いすべき時に少ししか食べられない。これでは、元をとることはできません。
そんな方にお勧めの『誰でも大食いができるコツ』をご紹介します。

STEP1

バイキングやわんこそばなどで、たくさんのものを食べるには、まず、胃袋を拡張させる必要があります。
よく、TVやマンガなどのセリフで「今日は、たくさん食べたいのでお腹をすかせてきました」などありますが、人間の胃袋は何も食べないと収縮し、食べ物の収納量が減ってしまうため、大食い前に何も食べないのはお勧めしません。

人体の器官のうち胃袋については拡張させることができますので、前日は胃にもたれない程度にたくさん食べておく必要があります。
「ダイエット中なのであまり食べられません」などという方は、ミネラルウォーターをたくさん飲んで胃を拡張させましょう。

STEP2大食い当日の準備をご紹介します。

お店に行く前に胃薬を飲むことをお勧めします。
なければコンビニやスーパーなどで野菜ジュースを購入し、飲んでおきましょう。
これは、大食い時に胃が荒れたり、胸やけの防止に役立ちます。

STEP3

いよいよ大食い時のコツですが、ポイントがいろいろありますので、箇条書きでご紹介します。

1、人間の胃袋は急に拡張しないので食べ物をよく噛み少しずつ飲み込み胃に入れる。
2、塩分の高い食事の場合、水を飲みたくなりますが水を飲むと胃の内容物が水を吸って膨らむため、少しのどを潤す程度に飲む。
3、水分を含むものについては上記の性質があるためスープ類は最後の方に控える。
4、自分のペースは決して乱さずゆっくりと食べる。(おいしく食事をいただくためにも重要)
5、あまり、無理をしない方が良いのですが、苦しくなってきてもそこからが勝負。口を休まず動かし咀嚼(そしゃく)していけば、自然と口から胃の方に入っていきます。
6、醤油など塩辛いものについては、可能な限り控え、使う場合も少量を心がけましょう。

まとめ

大食いを心がけながらも食事はおいしくいただきましょう。それが作った人や食材に対する礼儀です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

胃薬、野菜ジュース。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ