コレステロールを下げる食事方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:209
  • ありがとう数:0

はじめに

動脈硬化をひきおこす危険度の高いものがコレステロールと中性脂肪です。これらが増えすぎると高コレステロール血症や高中性脂肪血症に。
今日からでも間に合います!食事を変えてみましょう。



STEP1食物繊維をたくさんとる

食物繊維には不溶性のものと水溶性のものがありますが、コレステロールを吸着して体外に排出するのは主に水溶性の食物繊維です。海藻や果物には水溶性の食物繊維が多く含まれています。

(また食物繊維の一種で、エビやカニの殻に含まれるキチン、キトサンはとりわけ高脂血症に有効ですから、小エビは殻ごと食べるようにしましょう。

STEP2タマネギを加熱して食べる

タマネギを生で食べると、辛みや刺激成分がビタミンB1の吸収を助けますが、加熱すると硬化プロピルというイオウ化合物が変化し、中性脂肪値やコレステロール値を下げる物質になります。さらによく加熱すると、この物質はパワーアップし、血液をサラサラにする効果が高まります。
ほかにキノコ類やダイズ、ダイズ製品にもコレステロール低下作用が認められています。

STEP3コレステロールの少ない食品を食べる

コレステロールが増えるのは、すべて食べ物のせいではありませんが、コレステロールの少ない物を食べるに越したことはありません。コレステロールの高い食品でもエビやイカ、卵はコレステロールを下げる成分も含まれていますので、適量を食べるぶんには心配しなくてよいといわれています。

まとめ

食事に頼らず、適度な運動も体のコレステロール分解には重要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ