目が疲れやすいときの食事 方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:545
  • ありがとう数:0

はじめに

パソコンやTVゲームなど使う機会が多く目がつかれやすいですよね?
そんな時は、眼薬もいいですが、食事にも気を使って体の中から改善できたらいいですね。目にいい食事の方法です。

STEP1

私たちは、目覚めている間はずっと目を使い続けています。しかも最近はOAやテレビゲームの普及で目を酷使することが多く、疲れ目を訴える人が増えています。

目の中で最も重要な役割を果たしているものにロドプシンという物質があります。ロドプシンは光の刺激を受けると分解し、エネルギーを脳に伝達します。そしてすぐに、次の刺激を感知するために再合成されます。この繰り返しで、私たちは物を見ることができるのです。再生がうまくいかなくなると眼精疲労や視力の低下となってあらわれます。

STEP2ブルーベリーと目の健康

目といえばすぐに思い浮かべるほど、よく知られるようになったのがブルーベリーです。ブルーベリーの目によい成分はアントシアニンという青紫の色素です。

アントシアニンはブドウやナス、紫イモにも多く含まれていますが、とくにブルーベリー、それも皮の部分にたっぷり含まれています。アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進し、視力回復に力を発揮します。また、活性酸素の害からロドプシンや網膜を守ったり、毛細血管を丈夫にする働きもあります。

アントシアニンは熱に強いので、ジャムなどに加工しても、力を失いません。有効成分を多く含むのはホワートルベリーという野生種だとか。過信しないで利用するとよいでしょう。

STEP3ビタミンAが不足しないように

昔からビタミンAは目のビタミンといわれてきました。ビタミンAは目の粘膜を守り、丈夫にすることもありますが、物を見るメカニズムにも深くかかわっています。
またここでロドプシンが登場します。ロドプシンが光の刺激に合うと分解するといいましたが、このとき、ビタミンAとタンパク質に分解するのです。

分解したビタミンAとタンパク質は再び結合してロドプシンが再生するわけですが、ビタミンAが不足していると、この分解、再生がうまくいかず、物が見えにくくなるのです。ビタミンAが不足すると暗いところで物が見えにくくなるのはこのためです。

ビタミンAはレバーやウナギに多く含まれています。ニンジン、カボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜にはカロテンとして含まれ、体内でビタミンAに変わります。カロテンは油で調理すると吸収率が高まりますので、揚げたり、いためたりして食べるのがよいでしょう。

まとめ

目に限らず言えることは、栄養のバランスの整った食事をしましょう。その中でもビタミン二機を使った食事をすることです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ