疲れにくい靴紐の結び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3720
  • ありがとう数:0

はじめに

少し長い距離を歩くと、歩き疲れてしまうことあります。これは靴ひもの結び方が悪いかもしれません。
ひも靴を履くとき、ひもの結び方を気にして結んでいますか?この靴ひもの結び方一つで、歩き疲れしにくくなる方法です。覚えて早速実践してみてください。

STEP1

靴ひもを結ぶとき、つま先を緩めに足首をきつく結ぶという方法をとれば、歩き疲れを軽減することができます。

STEP2

靴の中で、足の指が自由に動けて血流を損なわないことと、足首でシッカリと靴を足に固定させる効果で、歩き疲れが楽になります。
長く歩くときにはぜひオススメします。

STEP3靴紐の結び方を同じぐらい大切なのは、靴紐を結ぶときの姿勢。

踵の部分だけをしっかり地面に押しつけて紐を締め上げるのが◎。

それは踵をしっかり押しつけないで紐を締めると、
踵の部分に隙間が生まれ足が前へ前へと動いてしまいます。

その結果 足の親指と小指付近の出っ張っている部分が
靴内部が当たり、履いていると不快になるからです。

まとめ

ひもを結ぶ際、つま先側はゆるく足首側はシッカリと結べば、歩き疲れを軽減できます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ