つけまつ毛をプロ並みにナチュラルにつける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3144
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
街を歩くと、実に見事なアイメイクの女性を見かけます。
つけまつ毛もダブルでという方も珍しくないとか。
つい考えてしまうのは、メイクにどのくらい時間が掛かるんだろう?
大変そうだななどと思うのは、年を喰ったせいでしょうか。(そうかもしれない…)
思い出してみると、10代後半、20代の時は無敵の元気さで、メイクやおしゃれの時間は何としても確保していました。
むしろ、そのために早起きしたり、食費を削ったりしていたものです。

余談はこれくらいにして、つけまつ毛って、つけ方でとてもわざとらしっかったり、失礼ですが変だと感じることもあります。

我が家の娘は下まつ毛まで付けています。

ナチュラルに仕上げる、ちょっとしたコツを紹介しましょう。
昔とったキネヅカです。
私の世代は目じりの半分を斜めに切って使うのが流行りでした。

STEP1*準備*

・自分用に加工しよう
買ってきたまつ毛は自分用に加工しましょう。
まず長さです。好みもありますが、自分の目のカーブよりほんの少し短いくらいにカットしましょう。(眉カットのはさみが使いやすい)
予め、自分のまつ毛のカールをしておきます。

・付属ののりは使いません
装着するのりは、二重まぶたを作る時に使うアイプチを使ってみてください。
接着力が強いので一日中外れません。乾くと透明になりますので具合が良いです。マニキュアのようなハケ状になっているので塗りやすいです。

STEP2*いざ装着*

・のりを付けたら焦らず
まつ毛にのりを塗ってもあわてないでください。
瞬間接着剤ではありませんから、塗ったら間髪を入れずに装着などしなくても大丈夫。
のりを付けたら、10秒くらいは待っていてください。
のりがゆるすぎると、せっかく位置を決めてもちょっと触っただけでずれてしまうこともありますから。

少し乾きかけの時に装着します。
手元がブレないように、肘をテーブルなどに固定して、少し伏し目にしてからつけます。目の際ぎりぎり、もしくは1~2mm以内に付けてください。
ちょっと離れた程度はアイラインで隠すことができます。(左右の付け位置は合わせてね)

まとめ

・位置合わせ
目頭は指では固定しにくいので、ピンセットや竹串の先端でしっかりと押さえます。全体を目のカーブに合わせて位置を決めます。

付け位置も重要ですが、角度も重要です。
理想は上向き45度くらいだと思います。
伏し目にしてしまうと、何となくセクシーな印象になるようですが、メガネやサングラスがかけられません。
上向きすぎるとワザとらしくなります。
角度調整は、乾いてしまう前に必ず行ってください。

位置と角度が決まったら、つけまつ毛と自分のまつ毛を指で挟んで自然に馴染ませます。

乾いたら、自分のまつ毛とつけまつ毛が重なったまま、ビューラーでカールしてください。
あとは、更に馴染むようにマスカラやコームでとかしてください。


必要なもの

初めての装着で、ばっちり上手くいくのはまぐれに近いでしょう。 デビューする前に、何度が練習を重ねて、自分に合う角度や位置を探してください。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ