勉強で疲れた頭を回復させる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2754
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
一つのことについて集中して勉強していると、疲れてしまいますよね。そんなときに、効率よく、意外な方法でリフレッシュする方法があります。

STEP1

まず、例えば数学を疲れるまでやります。集中力が続くのは、大体一時間程度だと思います。その間、みっちり勉強します。

STEP2

数学に疲れたら、次に、全く違う分野の勉強をします。例えば、古典などです。すると、新たな気持ちで勉強を続けることができます。脳の集中力が続く時間は、実はさほど長くありません。よって、一つの分野を長時間やっても、どんどん煮詰まってしまいます。そこで、飽きたら全く違う勉強をすることで、脳がリフレッシュされるのです。

STEP3

脳の疲れをとるには、それまで使用していた脳の部分とは違う部分を使用することが最も効果的です。ですから、全く違う分野を勉強するのが、最も効率がいいわけです。何も考えないでいたり、ぼうっとしていたりすると、逆に脳が疲れてしまいます。ですから、じっと座っていることに疲れたならば、例えばピアノを弾くなど、ともかく脳を使うことが大事です。

まとめ

学校の時間割などは、以上のことからも、効率よく勉強できるように作られているわけです。

関連するタグ

必要なもの

やる気 好奇心

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ