あがり症を克服してイメージアップしましょう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

人は誰でも緊張すると心拍数や体温が上昇し、いわゆる「あがり」を引き起こします。どんなベテランでも本番前はあがると言われていますし、日本人の90%はあがり症というデータもあります。あがり症は克服できます!チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 因みに、セロトニンの作用が活発な人は上がりにくいそうです。

STEP1

まず、人前で話す時には 呼吸・・・腹式呼吸(5秒かけて息を吸い込む。10秒かけてゆっくり吐く)

STEP2

食事の効果・・・発表の2時間前にセロトニンの原料のたんぱく質を多く摂取する。
例:鶏肉・豚肉・卵・牛乳

STEP3

温熱効果・・・発表の30分前には体を温める

STEP4

弛緩法・・・本番前に体をリラックスさせる。失敗を恐れる気持ちや恥をかきたくないという気持ちが緊張にかわってしまう場合もあります。
自分はあがっている、という状況を認めてゆっくり落ち着いて話しましょう。

まとめ

最終的には慣れることが一番ですが、緊張する人は自ら場数を増やそうとしないため、なかなか難しいと思います。 1~4のステップをポイントに人前で話すように心掛けてみてはいかかでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ