今より球速を10キロ上げる方法!その3

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
体が持つ力を最大限に発揮するためのポイントを具体的にいくつか紹介いたします。

STEP1軸足の踏ん張りをしっかり意識する。

ピッチャーの命とも言える軸足はしっかりと踏ん張りを効かし、「タメ」を作りましょう。強力なエネルギーを稼ぎ出すためには軸足が安定していないといけません。

STEP2ひざを内側へ傾ける意識作り。

軸足のひざを内側へ傾け、足と地面に対し角度をつけます。これにより軸足の「タメ」と相まって「カベ」が出来上がります。ポイントは膝を必要以上に折れ曲げず、内側に食い込ませることです。このカベが出来るかどうかが、球速の安定につながります。

STEP3最後の「地面を蹴る力」を強くする。

ひざを内側に食い込ませれば、地面を蹴る力は必然的に強くなりますが投げる際に投手板を軸足で強く蹴ることによりさらに力強い球を投げることができます。

まとめ

今回は下半身を重点に説明しました。次回は上半身の有効的な使い方の説明です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

シャドーピッチングをしっかり!

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ