変化球のキレを伸ばす方法~その2~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
自分にあった変化球、と言われても本格的に投げ込んでいる人以外は自分ではわからないかもしれません。
ならば第三者に冷静な判断を求めましょう。

STEP1まずカーブが得意な人は

・指先が器用
・肘の関節が柔らかい人です。

抜くカーブも弾くカーブもいずれも指先が器用な人が得意とします。またドロップのような大きなカーブを投げるピッチャーは皆肘がとても柔らかいのです。

STEP2同じように利き手と反対側に曲がる

スライダーが得意な人は
・指先の力が強い人
・リリーススピードが速い人です。
ここでいうリリーススピードの速い人とは、ギリギリで、かつ指から球を素早く放すという事です。

STEP3

リリースポイントが速く、球持ちが悪い人はあまりカーブやスライダーは適しません。また、縦に曲げるスライダーを投げるならばある程度の握力が必要です。
「思い切り切る」という変化球ですから、肘の柔らかさと握力の強さの2つがないと故障を招く原因となります。

まとめ

指の感覚が鋭い人はカーブやスライダーを自分の物として得る確率が高いかと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

練習あるのみ!

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ