独学で宅地建物取引主任者の資格をとるなら

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

独学で宅地建物取引主任者の資格を取ったときの 勉強方法を伝授します!

STEP1不動産の知識が全くない場合の話なのですが

のんびり3年かけて勉強すると考え、3年と言っても
年に一度10月に試験があるので、勉強を始めるのはだいたい半年前です♪

STEP2まず、

1年目は様子見で、自分に合った参考書と問題集を購入します(^o^)
ダメもとで、いざ試験にのぞむとやはりダメでしたが
雰囲気をつかむことと四択問題なので、どういった感じかを体験します。
決して無駄ではないと思いますよ~

2年目は、ちょっと真剣にまた違う参考書を購入します~
その時、マンガが好きだったのでマンガで解説されている参考書を選びました♪
この参考書はのちのち結構役立ちましたね(^-^)v
もしかして、受かるかも?
でもやはりダメでした~

STEP33年目、今まで買った参考書、問題集を徹底的に猛勉強!

もう後がないと自分を追い詰めました。

不動産を勉強するときに民法が少々あるんですよ。
私はこの科目が何故か?好きで、ここで得意の分野で点数稼ぎをし
苦手な不動産取引業は、苦手なりに何度も問題集をやってみるのです。

四者択一なので、簡単と言えば簡単なのですが
文章のひっかけのような問題も意外にあるので
きちんと勉強していないと、中々受からないのがこの宅建の試験なのですよね♪

もうかれこれ20年前の話なので
参考になるかはわかりませんが?問題も変わってるかも!
何はともあれ、
人生一度は難関なことにトライしてみるのも決して無駄ではないと思いますm(_ _;m)
何事にも自信がもてるものですよ。

まとめ

・自分に合った参考書を買う ・計画をたてる

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・時間

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ