ワインでエコする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:420
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
今日はボジョレーヌーボーの解禁日です。この週末はワインパーティーなど催されるようですね。
ワインは飲むだけではないんです。

ワインを食べる?飲むものでしょうと思われるでしょう。
しかし、食べるワインがあるのです。

STEP1「ピュレワイン」

ワイン製造の過程で、搾りカスが残ります。
中には、この搾りかすを産業廃棄物として捨ててしまうこともあるそうです。
多くは肥料や、飼料となりますが、この搾りかすにはポリフェノールを代表として、ブドウの有効成分がたっぷりと含まれているのです。
こんなものを捨てたり、肥料にするなんてもったいないですよね。
これまで食卓に上がることが無かったものを食べるのですから、エコです。

そこで生まれたのがこの商品ということらしいです。
http://www.47club.jp/shop/g/g10016960/

STEP2加熱していない

6%のアルコールを含んでいます。
食べてみると、ブドウの爽やかな酸味や甘味の中に、しっかりとワインの味がするのです。

ブルーベリー・マスカット ベリーA・ゆずの4種類があるようです。
(私は頂き物で、ベリーAしか食べていませんが…)
クラッカーに載せて食べてみました。想像通りの味だと思います。

STEP3「アイスクリームに梅酒」「カステラに日本酒」

のような大人のスイーツの食べ方があります。
そのノリで、「クリームチーズにピュレワイン」「チーズケーキにピュレワイン」など色々バリエーションが考えられますね。

まだ試していませんが、パウンドケーキに混ぜて焼くと、きっと美味しいと思います。ドライフルーツを使ったものとはひと味違って、もっと香りよく仕上がるでしょうね。

我が家では梅酒の梅を使って豚バラブロックを煮豚にするのですが、ベリー系を砂糖代わりに使い、ワインを入れて煮込むときっと!!美味しいはずです。

まとめ

まだ入手したばかりで、試してはいませんが、これから注目のお取り寄せ商品かもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ