勘違いしやすい和製英語~食べ物編~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by わいえす926
日本人が英語の意味をよく理解しないでカタカナにしてしまったため間違った意味で使われるようになった、そのまま使って通じない身の回りに潜むインチキ英語の紹介

STEP1◆例1

『シュークリーム』 ⇒ 『クリームパフ【CreamPuff】』

シュークリームという言葉はフランス語のchoux ? la cr?me(シュ・ア・ラ・クレム)のなまり。

その形から「クリーム入りキャベツ」という意味。

「シュ」とはフランス語でキャベツ、ハボタン、ハクサイなどの総称だが、ここではキャベツを意味し、丸く絞り出して焼いた生地を結球したキャベツに見立てて「シュ」と呼ぶ。

STEP2◆例2

『フライドポテト・ポテトフライ』 ⇒ 『フレンチフライ【French fries】』

まとめ

英会話や英語のライティング、英作文、翻訳等を行う時には十分注意しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ