正しい拳の握り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2161
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
拳にも、握り方があります。おかしな握り方をすると、何かを殴った際に骨折してしまうことがあります。

STEP1

まず、親指を立て、ヒッチハイクをするときの手の形を作ります。人さし指から小指は折り曲げることになりますが、まず指をぎっちりと折りたたみ、次に掌に握りこむという順でしっかり握ります。

STEP2

このとき手の形は、親指だけが立って「b」の形になっていると思います。

STEP3

その後、親指を、折りたたんだ人さし指、中指の第一関節の上あたりに乗るような形で、折り曲げます。つまりそのまま下に曲げれば大丈夫です。これで、拳が完成します。

まとめ

殴るときは、第二関節から指の付け根の間で殴ります。しっかりと拳を作ることができていれば、この部分は平らになっているはずです。とがった骨の部分では、殴らないようにしましょう。あと、むやみに人を殴ってはいけません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

優しい心、鍛錬

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ