心の休日のススメ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

折角の休日。バタバタとすごしてしまって、余計に疲れを溜めている・・・なんて事ありませんか。特別お金をかけなくても、小さな工夫で身体を休ませてあげることができます。

STEP1

お風呂はこころの休日。こころがクタクタになってしまったそんな日は、いつもより贅沢な、入浴剤を使ってみてはどうでしょうか。たとえば、ミルク風呂。牛乳をお風呂にそのまま1リットル入れて、よくかき混ぜるだけで完成です。粉ミルクを溶かしてもいい。そのときは1/2カップをお風呂に溶かしてください。バニラオイルを少し加えると甘い香りが楽しめます。肌がつるつるになるし、真っ白なお風呂はやさしい気分になれますよ。

STEP2

ハチミツのお風呂もおすすめです。大さじ2杯くらいのハチミツを手のひらにのせ、もみながらお風呂に溶かしいれてください。美肌効果があり、炎症をおさえてくれます。手足が荒れているときは、洗面器に溶かし入れ、手足だけ10分くらい浸かってみるのも効果的です。

STEP3

続いてのおすすめは、バラのお風呂。花をそのままお風呂に浮かべるだけです。バラのいい香りに、夢を見てしまいそうですね。熱いと変色してしまうので、ぬるめの温度で。

STEP4

そしてたまには、がんばるのをやめて、疲れた自分にご褒美を。肩の力を抜いて、おいしいものを食べるのもいいですね。好きな人と朝までおしゃべりをしたり、座り心地のいい椅子のある映画館に行ったり。もちろん帰ったら、やさしい気分の贅沢な入浴剤でほっと一息。今日はこころのお休みの日と決めて、存分にお休みを楽しんでください。

まとめ

「お休みの日」と決めて、徹底的に休む気持ちが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ