より効果的な森林浴の方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

毎日の暮らしが息苦しく感じたら、森の中に出かけてみましょう。森に行くと、不思議に安らぎますね。

STEP1

歩きやすいスニーカー、リュック、帽子、水筒、そしておべんとう。森へ行くときは、できるだけ軽装を心がけましょう。耳には、一歩歩くごとに、カサカサと葉っぱの音。鼻には子供の頃を思い出す土の匂いが。歩いているから疲れるはずなのに、なぜか疲れが心地良いのも、森の不思議な力です。

STEP2

森には、“テルペン”というストレスを解消してくれる、不思議な木の香りの成分があります。そして、目の疲れを癒してくれるさまざまな緑やおいしい空気。時間を忘れて、森の恵みをたっぷり味わうのが最高の贅沢ですね。

STEP3

その日のお土産は、お風呂に持って帰ってはいかかですか。やなぎ、くまざさ、よもぎ、さくらの葉、ヒノキのチップ……。そういう植物は、素敵な入浴剤になります。そのまま使えるものもあれば、天日干ししてから、お風呂に入れたほうが良いものもあります。アセモが治ったり、保温効果があったりと、からだにいいりっぱな薬湯ですよ。桃の生葉は、湿疹を治したり、美肌効果がありますので、おすすめです。

まとめ

森がくれた恵みに感謝して、たっぷりと味わうのがポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ