手作り入浴剤を楽しもう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:193
  • ありがとう数:0

はじめに

バスタイムをより楽しくするための必須アイテム・入浴剤。市販でも色んな種類がありますが、実は簡単に作れるって、ご存知でしたか?

STEP1

口に含むことのできる植物は、何でも入浴剤になります。作り方は簡単。いい天気の日に、ベランダや庭でカラカラになるまで干すだけです。それを布や小袋に入れて湯船に浮かべるだけで、四季折々の香りが楽しめる手作り入浴剤の完成です。

STEP2おすすめは。

みかんの皮、ヨモギ、、大根の葉、シソ。からだを温める効果があるので、冷え性の人や寒い冬の夜のお風呂に最適です。干したものなら、生の状態より長く保存ができるので、ガラスの広口ビンなどに、乾燥剤といっしょに入れて、保存できますよ。ビンに手書きのラベルを貼って、いろいろな種類の手づくり入浴剤を並べてみるのも楽しいですね。

STEP3

防腐剤や化学剤を使用していないので、アレルギーなどでお悩みの方にもおすすめです。

まとめ

太陽の香りがする入浴剤で、長めのリラックスタイムをどうぞ。

関連するタグ

必要なもの

ハーブ系植物、野菜、果物などお好みで(食べる部分ではなく破棄する部分で充分です)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ