肉体的に疲れている時は 食事で元気を取り戻す方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1270
  • ありがとう数:0

はじめに

つい無理をしてあとから肉体的な疲れが出るときがありますよね?
食事を上手に摂って、元気を取り戻しましょう。

STEP1肉体的な疲れにはビタミンB1とクエン酸

肉体的な疲れは、ビタミンB1が不足がちだと起こります。

ビタミンB1が不足すると糖質をうまくエネルギーに代えられなくて、乳酸やピルビン酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。

ビタミンB1は豚肉やウナギ、ダイズ、ゴマなどに多く含まれ、それらの吸収を助けるのがニンニクやニラ、タマネギに含まれる硫化アリルやアリシンです。

STEP2

硫化アリルは刺激成分でビタミンB1の吸収を早め、におい成分のアリシンはビタミンB1と結びついてアリチアミンとなり、B1を長持ちさせて吸収をよくします。神経痛や肩こり解消にも有効です。

STEP3

梅干しや柑橘類のクエン酸は疲労物質としてたまった乳酸を分解させ、疲労回復を早めてくれます。
レモンの果汁にハチミツを入れ、熱いお湯を注いでゆっくり飲むのもよいでしょう。レモンにはビタミンCとクエン酸が豊富で、香りのリフレッシュ効果とともに疲れをとるのに有効です。

まとめ

早めに休息し乳酸を分解させてあげましょう

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ