なんとなく食欲がない・・・そんなときの対処法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

食欲がないときは、ご飯を作るのも面倒ですよね。それなら気分を変えて、色や香りで食欲を高める!!という方法に挑戦してみませんか!

STEP1

食欲不振の悪循環を断ち切るのに役だつのは、香りや色で脳の食欲中枢を刺激する方法です。
天ぷらにレモンの搾り汁をかける、めん類にネギを散らすだけでいいのです。
こうした薬味野菜には食欲を誘う効果があります。

刺身に青ジソやワサビを添えるのは毒消しの意味もありますが、香りで食欲を喚起するためでもあるのです。

STEP2スパイスも食欲を高めるのに有効です。

スパイスといえばコショウやナツメグなど洋風素材を思い浮かべますが、ショウガやワサビ、カラシ、サンショウ、トウガラシなどもスパイスです。

カレー粉もいろいろなスパイスの集合体です。スパイスには魚や肉のくさみを消すだけでなく、ストレスをやわらげたり、消化液の分泌をよくしたりする効果もあります。

STEP3色も食欲を刺激します。

料理にトマトや青ジソ、パセリなどをよく添えますが、赤色は食べ物をおいしそうに見せて食欲をもたらし、緑色は赤色を引きたたせる補足的な役割を果たします。

食べ物だけではありません。ランチョンマットやテーブルクロス、食器や箸などに赤や緑色を少し使うと食欲を高めます。
反対に、青や紫など寒色系の色は食欲を抑えるといわれます。

まとめ

なかなか気分が乗らないときは、外食で気分転換というのもありですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

レモン絞り汁

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ