ちょっと変わった変化球~スローカーブ~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
視覚(タイミング)をずらす事にもっとも有効な変化球のカーブ。その中でもさらにスピードを落としたスローカーブの投げ方です。

STEP1

スローカーブを投げる時の注意点ですが腕の振りを変えずに、それでいてしっかり抜くということです。抜く、というのが難しいかたは切る感覚でも十分曲がります。

STEP2

スローカーブの持ち味である緩急を生むには体感スピードもですが、視覚の錯覚も必要です。
そのため腕の振りは直球と変わらず、そしてしっかり抜く(切る)ことにより初めて効果ある変化球になるにです。

STEP3

スローカーブの握りは色々です。カーブの握りを浅くし、回転をあまりかけず良く抜いたり逆に、縫い目に指をかけずにしっかり握ってスライダーの感覚で切る投げ方もあります。

まとめ

いずれにしても手の大きさから指の長さによって曲がるスピードや大きさも変わる為自分なりのスローカーブを取得するのがよいでしょう。 ただし、しっかり腕を振る事を忘れずに。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

投げ込む努力です。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ