冷蔵庫の楽ラク大掃除術

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:498
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kazusato
年末年始は、冷蔵庫の中身がイヤでも増えてきます。
その前にスッキリ片づけておきましょう。
長期保存のきく食品も、年越しせず使い切ってしまうことをお勧めします。
とっておきのつもりで取っおいたものも、食べられなくなってはゴミが増えるだけ。
この際全部出して、仕分けしましょう。

STEP1・全部出す

冷蔵庫を開け放して、中を発掘調査するのは電気代もムダというもの。
先ずは中の物を全部出しましょう。

空になったところで、取り外し可能な棚なども全部外しておきます。

結構大きさがあって、シンクで洗うのは窮屈です。
中性洗剤と食器洗いスポンジを持って、お風呂場へGO!
シャワーを使えば、隅々まで洗い流すことができます。

こびりついた汚れは、キッチンペーペーに洗剤液(水で薄めたもの)を浸して、しばらく張り付けておいてください。
洗いあがったら、乾いたタオルなどで水分を拭き取り、アルコール(スプレーなどが売られている)消毒し、乾かしておきましょう。

次は庫内です。
壁面も拭き上げましょう。
野菜室は稼働率が高いので、結構汚れていることがあります。
自動製氷の冷蔵庫は、水タンクをよく洗いましょう。(機種によってお手入れ方法が異なりますので、取説をよく読んで)
掃除が終わったら、やはりアルコール除菌しておいてください。
冷凍庫は必要ありません。

STEP2・食品の整理

貯めこんでしまった食品の仕分けをします。

先ずは食べられないものを捨ててしまいましょう。

使いかけの調味料などは、蓋と口の部分をできるだけ固く絞った布巾でキレイにします。(カビの発生防止)

中途半端に残っている食材については、あるものを箇条書きにしてバックに入れておいてください。
メニューを考える時に、使い切れるよう工夫します。

・100均グッズなどを上手く利用して、同じ種類のものをまとめる
※お弁当用のしょうゆやソースは必ずひとまとめに

数か月に渡って使わなかったものは、思い切って捨てましょう。
もったいない、使うかも、は貯めこみの原因です。

STEP3終わったら

食品の整理が終わったら、棚を戻し、仕分けしながら食品を戻しましょう。

冷蔵庫カーテンをお使いの方は、カーテンも掃除しアルコール消毒をしておいてください。

あとは、本体表面を掃除すれば完了です。
取っ手部分は特に汚れが付きやすい部分です。
冷蔵庫も化粧直しをして、気持ちよく新年を迎えさせてあげてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ