子どもに音感をつけさせるためには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6439
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
音感があると、音楽を楽しむ際には何かと便利です。

STEP1

絶対音感を身につけるには、三歳~六歳の頃から、調音などの専門的な訓練を積み重ねる必要があります。また絶対音感とまでいかなくても、この時期に最も音感が発達するので、ピアノを習わせれば、高い確率である程度の音感が身につきます。

STEP2

早い時期からピアノを習わせておけば、後に他の楽器に転向した際にも、最初から高いレベルで演奏することができるようにもなります。例えばコントラバスなどは、自分の耳を頼りに音程をとらなければならないので、音感がものを言います。ピアノを習うことで、低音から高音まで、広い音域をカバーした音感が身につくため、ほとんどの楽器に応用できるようになるわけです。

まとめ

音感をつけるためには、的確な訓練が必要です。お子さんにやる気があるようであれば、近所の有名なピアノの先生に預けてみると良いでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

お子さんのやる気

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ