身体に優しい入浴方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

健康と美容の代名詞、入浴も方法をひとつ間違えれば、身体に大きなダメージを与える元になります。正しい入浴方法を知って、毎日の健康に役立ててください。

STEP1

思いたったら、お風呂!では、健康的とは言えません。激しい運動をしたあと、お酒を飲んだあと、これから食事をするとき、食事をした直後などは、入浴を避けてください。運動をしたあと、すぐにお風呂を入ると、かえって疲れがとれなくなってしまいます。疲労した筋肉にまわるはずだった酸素が、まわらなくなり、酸素補給ができなくなってうからです。

STEP2

飲食後のお風呂は、貧血を招いたり、心臓発作になったりと、大変危険です。食事の直前や直後にお風呂に入ると、血液の循環が内臓から皮膚表面に流れて消化機能が低下してしまうからです。胃や腸のために、少し時間をおいてあげましょう。

STEP3

少しでも、からだが「入りたくない」と感じるときには、入浴はちょっとストップした方が良いでしょう。からだが何かを警告しているのかもしれません。からだが入りたいときにお風呂に入るのが、ハッピーなバスタイムになるはずです。

まとめ

バスタイムは、けっこうエネルギーを消費する運動です。 からだに負担をかけないためにも、こんなときはとにかくひと休みを心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ