空腹で眠れないときには…

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

おなかがすいていると交感神経が働くため、目が冴えて眠れなくなります。
そんなときは、温かいものを軽くとると、副交感神経が働き始め
自然と眠くなってきます。

STEP1【オニオンスープ】

玉ネギのほか、トマトやベーコンを加えます。
玉ネギを、オリーブオイルで熱した鍋で炒めましょう。
その後、トマト、ベーコンを炒めます。
水+コンソメの素を入れ、弱火で15分煮て完成です。

STEP2【長ネギのチーズ焼き】

チーズは鎮静効果のあるトリプトファンやカルシウムも含まれているので
オススメです。

長ネギ1/2をタテ半分に切り、バターで炒めます。
カマンベールチーズを薄切りにし、
長ネギの上にのせ、オーブントースターで5~6分焼いて出来上がり。

STEP3ネギ類独特のにおいや辛さの素は

睡眠効果があることが知られています。

玉ネギをたっぷり使ったオニオンスープは、体が温まります。

長ネギを使ったシンプルなチーズ焼きは簡単に作れ、
消化がいいので、おなかにもたれません。

ぜひ、お試しを。

まとめ

玉ネギ、長ネギのほか、ニンニクやニラなどのネギ類も同じ働きがあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ