健康的にバスタイムを楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:203
  • ありがとう数:0

はじめに

海やプールにはいる前に、準備運動をすることは、大切なことですね。いきなり飛び込むと、心臓に負担がかかったり、筋肉がつったりすることがあるからです。入浴も同じで、間違った入り方をすると身体に大きな負担になります。

STEP1

かけ湯はお風呂のプロローグ。準備運動が海やプールのプロローグなら、かけ湯はお風呂のプロローグです。いきなりお湯にはいっては、心臓に負担をかけてしまいます。湯船にはいる前に、軽くからだをお湯で流しましょう。

STEP2

かけ湯の良い点をもうひとつ。湯船を汚さないということです。湯船をきれいに保ちながら、家族みんなが同じ湯船でからだを温める、素敵なマナーですね。湯船が汚れなければ、お湯の量も少なくてすむので、環境にも優しいエコ生活です。

まとめ

かけ湯は準備運動と同じこと、と覚えましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ