草野球で使える!変化球~縦スライダー~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2556
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hiroyang30
ちょっとしたコツで投げられる変化球を草野球歴10年(笑)のhiroyang30が伝授します。

STEP1

Photo by hiroyang30
通常の横に曲がるスライダーは縫い目に平行して指を掛けるのが一般的ですが、
縦に曲げるスライダーは少し違います。

私のオススメは握り方はツーシームの握りです。

STEP2握りはなるべく深めにしたほうがよいでしょう。

そうしたほうが曲がりが大きくなり、力を込められる分球速の早い変化球になります。

リリースについでですが、フォークを投げるイメージに近いかと思います。
横のスライダーとは違い、「曲げる」というより「落とす」と強いイメージを持って投げるのがよいでしょう。

ワンバウンドでもかまいません。大きく曲げるのがコツ。
ただし、スライダーなので「切る」イメージも忘れずに。

「切って、落とす」これを考えながら投げてみると良いです。

STEP3

ただしリリースポイントが安定していない人や、ちゃんとストレッチをして筋肉をほぐしていないと肩や指に無駄な力がかかってしまいます。

怪我の原因にもなりかねませんので必ずリリースポイントを固めて、よく準備運動してから投げるようにしましょう。

まとめ

フォークと同じく、ボールを常に持ってツーシームの握りを固めておくのも安定した変化を指先の感覚に染み込ませるコツです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ある程度の握力 ストレッチを入念にする時間 ワンバウンドを恐れない強い気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ