タバコをやめられる人、やめられない人

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:613
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by manasan777
タバコの値上がりにともない、やめた人、やめられない人、様々でしょうが、やめられた人とやめられなかった人にどんな違いがあるでしょうか?

STEP1<やめられない人>

1.やめなくちゃならない理由があまりない
 「値上がりしたから」「周りに言われたから」などは理由になりません。将来の健康のため、なんてことも、今迫っている危機じゃないので決め手にはなりません。

2.吸っている、自分の姿が好き
 好きじゃあ無理だ。

3.タバコが唯一のリラックス方法だと思っている
 それが無くなると、自分はストレスが溜まってしまうと思っている。

STEP2<やめられる人>

1.病気になって入院した
 強制的に禁煙しているうちに、「何だかいけそうな気がする~」でやめられるパターンあり。

2.ドクターストップ
 これ以上吸ってたら、ホント死にます!と言われるとさすがに。

3.なんかもう、やんなった
 タバコが切れて、夜中に買いに行ったり、しけもく漁ったりしている、自分、髪の毛臭いの、口の中気持ち悪いの、ある時もうすべてやになった。

まとめ

禁煙しようと思ったら、まず持っているタバコ&ライターを捨てること。

そして吸いたくなったら、体を動かすのが一番です。吸いたい気持ちのピークは60秒くらいで、それをすぎると1時間近くもちます。
ちょっと席を立ってみる、非常階段でラジオ体操をやってみる、オフィスビルの周りを1周走ってみるなど。

喫煙所に行かないと休憩できないと思わずに、少し歩いたりして気晴らしすると良いと思います。

そして、吸っている自分の姿が好きな人...吸わなくても、あなたは十分カッコイイですよ!

関連するタグ

必要なもの

やっぱり「タバコをやめる」という必然性。 軽めのタバコにする、本数を減らすなどは、完全禁煙にはつながりません。 体にはちょっといいと思うので、やめる必然性がないなら、完全禁煙しないで、本数を減らすなどしたら良いかと。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ