りんごを丸ごと徹底活用して健康・美肌になる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by toku-shite
「りんごが赤くなると医者が青くなる」
という言葉があるようにりんごは昔から
健康に役立つフルーツとして知られています。

せっかくなので最大限に活用しましょう。

STEP1りんごの皮にはポリフェノールやカリウム、

ペクチンなどが多く含まれています。
本当は皮ごと食べるのが健康のためにはいいそうです。

でもあのべたつき気になりますよね。

農薬・・?ワックス・・?

基本的に収穫前の農薬の散布は禁止されています。
表面の白い粉がふいているようなものは「果粉」と
呼ばれるもの。りんごが果実を乾燥から守るため
分泌する天然成分なんです。もちろん害はありません。
また、ワックスを塗ったようにべたついているものが
ありますが、国産のものはワックスを使いません。
あのべたつきは、リンゴの皮に含まれるリノール酸・
オレイン酸が、皮にあるロウ物質を溶かしてつくった
ものなんです。完熟するとみられる現象。

ですので、さっと洗って拭いてそのまま食べるのがベスト。

STEP2でもやっぱり固いしそのまま食べるには

抵抗があるという人は。
皮をつかったアップルティーを。

作り方☆
①鍋にリンゴ1個分の皮と300mlの水を入れる。
②3分ほど煮出し、お湯がピンク色になったら
ティーバッグを入れ、1分半蒸らして出来上がりです。

りんごと紅茶のポリフェノールの相乗効果により
抗酸力を発揮してくれます。
肌のハリを取り戻し血管を強化してくれます。
また、ニンニクを食べたあとの消臭作用も。

STEP3まだまだ皮が余ってるという場合は

「りんごの皮のお風呂」です。

りんごの皮は中身より「ビタミン、ミネラル」を
多く含んでいます。
お風呂に入れると血行がよくなり、保湿・美肌効果も。
かゆみを抑える効果もあります。

使い方☆
①りんごの皮1個分をガーゼで包む。
②湯船に入れて5回くらいもむ。

まとめ

りんごの正しい保存方法
・ビニール袋に入れて野菜庫へ。
・もっと長く保存する場合にはビニール袋の
 なかに新聞紙を入れます。
 りんごの呼吸作用で発生する炭酸ガスや
 水滴を新聞紙に吸着させるそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ