缶詰はプルタブ? それとも?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

缶詰や缶ジュースに「プルタブ」が使われるようになって久しくなります。手軽に開けられることで大変重宝されているプルタブですが、従来からあるタイプの缶詰もまだ健在です。はたして、どちらがお得なのでしょうか。ここでは、あるスーパーの陳列例をもとにお話ししたいと思います。

STEP1

私が日常的に利用するのは、業務用の激安価格のスーパーです。冷凍食品をはじめ、いろいろな食材が安いことで有名で全国展開されているお店です。

STEP2

魚の缶詰は、安いものだと1個88円の価格になっています。また、マンゴーなどのカットフルーツもそれと同じ価格で販売されています。

STEP3

同じスペースには、プルタブではなく、缶切りで開けるタイプのものもあり、缶の容量も大きいので魅力を感じます。 

STEP4

そこでネックになるのは、缶を開ける手間と怪我などのリスクへの心配です。

まとめ

便利さを取るか、多少手間がかかってもお得なほうを選ぶのか、それがポイントですね。
プルタブ缶でも怪我をする可能性はありますので、その選択基準が難しいところです。ちなみに、握力の弱い私はプルタブを選びますが、それでも途中で開けられなくなることもあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

くれぐれも怪我をしないように注意

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ