夏が暑いときは冬寒い?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

夏が暑ければ、冬は暖かくなりそうなものですが、昔から夏が暑ければ冬は同じくらい寒いといわれています。

STEP1

どうして猛暑の年は冬寒くなるのかの前に、どうして猛暑になるのかをご説明します。
猛暑になる原因にはいろいろありますが、その一つに「ラニャーニャ現象」があります。
ラニャーニャ現象は、東太平洋赤道上の海水の温度が低くなることをいいます。
ラニャーニャ現象が起きると、強い東風が吹き、西の方に暖かい海水を寄せ、その影響でインドネシア近海では積乱雲がたくさん発生するようになります。
一方、日本は乾燥した空気が流れ込み、梅雨が短く、夏が暑くなります。

STEP2

冬までラニャーニャ現象が続いた場合、北から寒気が流れ込んで、酷寒になります。
猛暑が酷寒にさせるのではなく、猛暑の原因のラニャーニャ現象が酷寒をもたらすのです。
ですから、早めにラニャーニャ現象が収まるようなら、猛暑でも酷寒にはならない可能性もあります。

まとめ

ラニャーニャ現象の反対で、日本に冷夏暖冬をもたらすのが「エルニーニョ現象」です。 エルニーニョ現象はたいてい1年で収まりますが、ラニャーニャ現象は2、3年続くことが多いそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ