結婚指輪への想い 男女差はあるの?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

結婚指輪は、夫婦それぞれが交換し合い、身に着けるものですね。ところが、新生活が始まると結婚指輪をつけない男性が多いといわれています。また、その理由は人それぞれですが、世間の男性はどのような気持ちでいるのでしょうか。身近な例をもとにまとめてみたいと思います。

STEP1

結婚指輪を身に着けていることは、自分が既婚者だとアピールしていることになりますね。ある程度の年代の男性は、それを極力嫌う人もいて、結婚しても指輪をつけない人が多くいました。

STEP2

また、なんらかの交流会などに出かけるときだけ外すという人、逆に、親戚の結婚式のときだけ身に着けるという人もいます。

STEP3

また、結婚指輪をしていると出世にかかわるからと嫌う世代もいます。

STEP4

若い世代の男性は、結婚指輪だけでなく、いろいろな指輪やアクセサリーを身に着ける人が多いようです。スポーツ選手など、競技種目にもよりますが、試合中にもネックレスなどを着けている人もいますね。

まとめ

結婚指輪への想いは、年代によっても違うようですね。
それは、男性だけでなく女性の場合でも同じといえるのではないでしょうか。

その一方、なんらかの記念日に指輪などを贈るご主人もいますので、結婚指輪に限らず、宝石への想いは夫婦の歴史とともに変わるのでしょうか。

ちなみに、私の両親の場合、ペアリングではなく、父から母へ結婚指輪が贈られたそうですが、私が小さいころ遊んでいて無くしてしまったそうです。そのことは、いつまでも根にもって責められました(笑)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

結婚指輪に対する想い

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ