離婚するときに作っておくもの 

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by みかんの缶詰ちゃん
好き同士で結婚したものの,歯車があわなくなってしまい,離婚という選択肢を選んでします。悲しいことですが仕方ありません。勢いで離婚してしまうと,あとで大変なことになってしまうかもしれません。

STEP1

離婚は,結婚と同様紙切れ1枚で出来てしまいます。離婚届けを出す上で決めておかなければならないことと言えば,親権や監護権くらいです。しかし,その他にも決めておかなければならないことがあります。

STEP2

それは,養育費やその詳細,子どもとの面会についてなどです。離婚することが決まったら,お互いもう,早く離婚したくて仕方ないかもしれませんが,必ず決める必要があります。ここをしっかりクリアしておかないと,あとでもめる原因となります。

STEP3

そして,決めたことは,離婚協議書にまとめます。離婚協議書とは離婚に関わる色々を書いたものです。書式は自由ですが,最後にお互い署名をしなければなりません。自分たちで作ることも可能ではありますが,行政書士や弁護士に作ってもらう方が安心です。

STEP4

後々,どちらかが,この離婚協議書に書かれた事を破った場合は,この離婚協議書を証拠に裁判を起こすことができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ