離婚するときに話あうこと~慰謝料~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by みかんの缶詰ちゃん
好き同士で結婚したのに,うまくいかなくなって,離婚・・・残念なことですが,仕方ありません。離婚理由には色々とありますが,どちらかがかなり悪い場合もあります。その時のことについて考えてみましょう。

STEP1

慰謝料という言葉を聞いたことはあるでしょう。しばしば,離婚をすると慰謝料をもらえる,またはとられると勘違いしている方もいてますが,どちらかが一方的に悪い場合のも,慰謝料が発生します。

STEP2

例えば,・不貞行為(証拠としてはホテルへの出入り写真2枚くらいは必要。)
    ・DV (医者の診断書等が必要)
この2つは,明らかに一方が悪いのがわかりますよね。この場合は慰謝料が発生する場合が多いです。しかし,意外と立証が難しく,裁判になっても明確な物的証拠がないと棄却されることさえあるのです。

STEP3他にも,・働かない

    ・借金を勝手にした
なども考えられますが,このような場合は慰謝料が発生することはないことも多いのです。気持ち的には,とても腹が立ってもなかなか慰謝料がとれないことが多いのです。

STEP4

また,どんなに相手が悪くても,慰謝料が払われない場合があります。それは,お金がなくて,相手が慰謝料の支払いを拒否している場合です。相手の収入によって支払額が変わってくるのです。よく芸能人の離婚騒動で,相当大きな額の慰謝料を払っていたりしますが,それはそれだけの支払い能力があるからなのです。支払い能力がない人からは慰謝料はとれないのです。

STEP5

話し合いで,慰謝料の金額が決まったら,支払い方法も決めましょう。できるだけ一括が望ましいです。そして,すぐに公正証書を作ってください。特に,分割払いにした際に,支払いが滞ると,公正証書が力を発揮してくれます。

STEP6

話し合いで決まらない場合は,調停や裁判をすることも可能です。とても時間がかかり,体力も必要になってきます。離婚は結婚ほどたやすいものではないのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ