マクロで一眼レフ風にデジカメをうまくつかいこなす方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

カメラのモードがいつもオートモードの人は設定を変えてみませんか?これは初歩中の初歩。マクロモードを使ってみましょう。 マクロにすることで近くにあるものを接写してもピントがしっかりと合うので、花や動物の写真も違った雰囲気で撮影することができます。今話題の新型カメラ風の撮影方法もデジカメでできるんですよ。

STEP1通常モード、マクロモードは簡単に変えられます

マクロモードはチューリップの形のマークになっていることが多いです。携帯のカメラでもこのマクロモードがついているカメラがほとんどなので、このマクロモードは普及していると思います。
ただ、中にはいつも通常モードで撮影している人もいるのではないのでしょうか。
お花など接写するとピントがぼけていた人は、ぜひこの機会にマクロモードにしてみましょう。

STEP2<初級編>

マクロモードにして、お花を撮影してみましょう。
距離は10cmほど。
シャッターのスイッチを半分だけ押すとピントが合います。
ピントを合わせてからシャッターをしっかり押して撮影。

STEP3もちろん

マクロモードが接写できるっていうのは一般的なので、「それくらいは知っているよ」という人が多いのではないでしょうか。

なので応用編を教えます。マクロモードで、レイアウトをこだわってみると一眼レフっぽく撮影ができます。

STEP4<応用編>

マクロモードにして例えば右に花を接写させ、左は遠景を入れて撮影してみましょう。そうすると右の花にピントが合います。そして左の景色はボケた感じになりませんか?画面いっぱいに対象物を写すのもいいですが、わざと遠くの風景を入れることで遠くの景色がボケて雰囲気のある写真になります。

STEP5最近は

一眼レフとデジカメの中間のカメラとして、レンズ部分を調整すると遠くの景色のピントを外すカメラができました。そのカメラを買わなくても、マクロモードを使えばデジカメである程度は撮影できるんです。

まとめ

レイアウト次第でいろんな写真が撮影できます。工夫して撮影をしてみてください!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ