さかごは防げる

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:225
  • ありがとう数:0

はじめに

お腹の中の赤ちゃんが育ってくると
いろんな心配事も増えてきますよね。

その中でもやはり心配なのが「さかご」。
帝王切開の可能性も出てくるし
さかご直しの体操もしなきゃいけなくなるし大変です。

でも実は、さかごになるのって
ママに原因がある場合もあるんですよ。

STEP1<<なぜ、さかごになるのか>>

羊水の中にいる赤ちゃん。
赤ちゃんはその中で浮かんでいます。

そして泳ぐようにクルクルと回れるのです。

STEP2<<これはしないほうがいい>>

ママがある動きをすることによって
赤ちゃんがくるりとお腹の中で回転してしまうのです。

要は、赤ちゃんが必要以上に回転しないようにすればいいのです。

その、ある動きというのが

・両手を挙げて伸びをすること
・腰を左右にひねらないこと

肩や腰が凝ると、ついやってしまいがちですが
この動きが原因となることもありますので気をつけましょう。

まとめ

とはいっても、肩や腰の痛みを放っておくわけにもいきませんよね。
思いっきり伸びをしたい時だってあります。

そんな時は、ママの頭を下に持ってくる形で体を伸ばすこと。
重力の向きを変えずに、赤ちゃんに負担をかけずにストレッチができます。

さかご直し体操の一つでもある「胸膝位」だったり
妊婦ヨガなどがオススメなのもこの為です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ