ライヴにもマナーがある??

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

メジャーな人達のコンサートやライヴに行ったことのある人はたくさんいると思います。

会場でのマナーだったり、アーティストによっては
曲中でのマナーなどいろいろありますよね。

さて、町中にあるライヴハウスやライヴバーへ
行ったことはありますか?

友達のバンドが出る、友達に誘われて行くことになった
なんてことはないでしょうか?

知らない曲もあるし、楽しみ方がいまいち良くわからない
なんて人も中にはいるかもしれません。

黙って座って見ているなんてナンセンス。
実はいろいろなルールがあったりするんですよ^^

STEP1<<曲の流れをつかもう>>

ジャンルは違えど、だいたいどの曲にも
決まった流れというものがあります。

主に
イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→間奏
    →Aメロ→Bメロ→サビ→ソロ→Cメロ→サビ→サビ→エンディング

です。(間奏明けは色んなパターンがあります。あくまで参考です)
これを知っていると
聴いたことない曲でもある程度は楽しめるようになります。

STEP2<<ソロ明けは拍手をするのがルール>>

JAZZ、ラテン、ボサノヴァやインスト曲などで定番の流れなのが
各楽器パートによる、アドリブのソロやソロまわしです。

プレーヤーの個性やテクニックが
自由に多いに発揮される場面です。

決まった回数でまわすこともあれば
完全にフリーで、気が済んだら次の人へ合図を送ってバトンタッチする
パターンもあります。

この、次の人へ回ったとき=“前の人のソロが終わったとき”に
ソロを終えたプレーヤーを讃えて拍手を送ります。

最高だったよ!!という気持ちを拍手とともに送るわけです。
ソロが盛り上がってきた時に“ヒュ~!!”“イェ~イ!”と
歓声をおくる人もいます。

だいたいバンマスの人が、ソロに入るときや終わった時に
プレーヤーの名前を言うので、それに合わせるといいでしょう。

STEP3<<出演者のあおりに乗ってみよう>>

楽しげな曲調のものや、テンポのある曲になると
メンバーが手拍子や振り付け、コール&レスポンスを
あおってきますが、ここは恥ずかしがらずに乗っかっておきましょう^^

まとめ

大方、日本人は恥ずかしがり屋なのか
変にプライドが高いのか
「素直に楽しむ」というのが苦手な人が多いようです。

大半は黙って座って見ている人が多いようですが
これは逆に、ステージ上の人に対して失礼な場合もあります。
(極上につまらないものだったら話は別ですが。。。)

踊りたかったら踊る
最高だと思ったら歓声をあげる
(ただし、TPOは守りましょうね)

音楽ライヴとは、会場が一体となって、みんなでその場を楽しむ。
それそのものがマナーなのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ