なぜ泣くとスッキリするのか

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

涙は人間以外の動物も流しますが 嬉しいときや悲しいときなどの感情の高ぶりで 涙を流すのは人間だけなんだそうです。 ではなぜ 人間は涙を流して泣くのでしょうか?

STEP1そもそも涙とは何なのでしょうか?

涙は、目を保護するために
常に分泌されています。

この基礎的な涙は、適度な湿度を与えて瞳を潤し
目の表面を殺菌消毒したり、角膜に酸素や栄養を運んだりする
役目を担っています。

STEP2目からこぼれるワケは?

瞳を潤した涙の約1割は目の表面で蒸発してしまいますが
その他の役目を終えた涙は、涙点から回収されます。

そして、涙のう~鼻涙管を通り
鼻の穴に入って吸う息を湿らせていきます。

ただし、涙の量が多すぎた場合
鼻涙管で処理しきれないため、目からこぼれ落ちるのです。

STEP3ちなみに、「まばたき」は

涙を運ぶポンプの役割をしています。

STEP4とある研究によれば、いつ、どのような時に

どのような感情を持ったら泣くのかは人それぞれですが
共通していることが一つだけあるというのです。

それは、「誰かの助けを求めたい」という感情が高まった場合だとか・・・。

つまり涙とは
緊急時のSOSのサインのようなものなのでしょう。

まとめ

涙を流すとすっきりした気分になるのは ラクトフェリンという、タンパク質の効果によるものと されています。 これは母乳や唾液にも含まれているのですが ラクトフェリンには、鎮痛・鎮静薬であるモルヒネに近い鎮痛作用が あると言われています。 哀しい時には、我慢せずに思いっきり泣いたほうが 気が晴れるのは確かなようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ