正しい緑茶の淹れ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

緑茶をおいしく淹れる講座に行ってきました。昔はお茶くみって仕事がありましたが、今でもお客さんが家に来たときに緑茶を淹れることは多くあります。お茶の淹れ方一つで育ちをはかられてしまうこともあるようです。
そんなときに、お茶の淹れ方で失敗しないためにも正しい淹れ方を。
お茶の旨みを引き出すおいしい淹れ方があるんですよ。

STEP1就職したとき

ついてくれる先輩によってお茶の入れ方が異なっていることがありました。
ふむふむ、と思いながらどの入れ方が一番効率的で一番正しいんだろうと思っていたところ、文化教室に体験講座で緑茶の入れ方講座があったので行ってみたんです。

STEP2チェックポイント1.

急須はお茶の葉を入れた後少しだけお湯を入れてすぐに出して捨ててしまいます。
湯のみを人数分用意して、まずお湯を入れて湯のみを温めます。その中に使うお湯を入れてから急須へ。

ここでは、湯のみを温めておくこととお湯の温度が重要です。
お茶の旨みを出すためには、沸騰したお湯よりも冷ましたお湯がいいそう。玉露は60度が適温なのでかなりぬるいです。煎茶は70度。とにかく冷ますこと。お湯を無駄なく使い切るために人数分の湯のみを用意してお湯を入れて急須に入れることで、お湯の温度も下がりますしお湯のムダがなくなります。
また、1番出しはお茶の粉が出てしまうのと、一番旨みが出るのは2番出しになります。少しお湯を入れてすぐに捨てればお茶の粉がお客様の湯のみに入らず一番おいしいお茶を呈すことができます。

STEP3チェックポイント2.

お湯を入れた急須は揺らさず1分ほどゆっくり蒸らす。

揺らさないこと。そのまま蒸らすことでじんわりと旨みが出てきます。

STEP4チェックポイント3.

お茶は人数分の湯のみに濃さが同じように入れ、最後の一滴まで出し切ること。

少しずつ入れていくのがポイントです。3人分だったら、1.2.3、3.2.1の順に入れていきます。そして、一番重要なのは最後の一滴まで出し切ること。最後の一滴に一番旨みがあると言われます。ぽた、ぽた、となっていても最後までゆっくりそれぞれの湯のみに入れていきましょう。

まとめ

お湯の温度と、最後の一滴まで出すことは必ず守って。それだけで違ってきます。

また演技を担いで1番だししか良くない、と言われれば1番だしを呈しましょう。本当においしいのは2番だしなのでもし1番だしだけでお茶の葉を捨てていたら2番だしも味わってみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ