もやしを栽培するノウハウ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hoemei
自家製もやしを作る方法です。 夏休みの自由研究としても使えるかもしれませんよ。 写真は、緑豆の写真です。大豆は大きさの比較の為に載せてあります。 緑豆の他に、大豆でも同じ手順でできるようですが、ちょっと管理が難しいそうなので、安くて簡単な緑豆をおすすめします。

STEP1緑豆を、軽く水洗いして、水につけて約半日おく。

水の量は、豆がひたひたになるくらいでOK

STEP2半日おいた緑豆を、水洗いして、ふた付き鍋に並べて入れて、

ふたをして、温かい所においておく

STEP3夏の気温なら、朝・昼・夜と1日3回くらい、

春秋くらいは1日2回、冬は1日1回くらい、
手順2の、豆を洗って、鍋に入れて置いておくというのを繰り返す

夏なら3日くらい、春秋だと5日くらいで売っているもやしのようになってきます。

要するに、水に半日浸した豆を、洗って鍋に戻すという作業を毎日繰り返すだけです。

まとめ

洗う回数を増やすと、ちょっと成長が早いみたいです。 明るい光に当てないよう注意しましょう。 ある程度の大きさになったら、他の容器に移して冷蔵庫に入れれば 1週間は日持ちします。微妙に成長も続けてる感じもします。 旅行などで、家をあけると時は注意しましょう。 大体2杯くらいの緑豆で、市販のもやし1袋分くらいになります。 自家製もやしは、風味もあっておいしいです。 豆の皮を取り除くのが少し面倒です。 鍋を二つ準備しておいて、日をずらしてそれぞれ栽培すると、 常に自家製もやしを収穫して食べる事ができます。 緑豆は乾物屋などで販売されています。 500gで390円くらいだったように記憶しています。 電話帳などで調べて問い合わせしてみてください。 他に、楽天市場などでもお取り寄せ可能です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

緑豆 ふた付きの鍋 水

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ