知っていますか?神棚のまつり方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

神棚を新しくまつろうとすると、どこが一番適当な場所か迷いませんか? 神棚をまつるに適した場所、方角についてです。 家を建てるとき、引っ越しをする時の参考にしてください。

STEP1神棚をまつるにふさわしい場所

・ 明るく静かな高い場所
・ お供えやお参りしやすい場所
・ 家族が主に集まる場所
・ 神棚の下を人が通らない場所
・ 廊下やトイレの真下ではない所

STEP2まつる部屋

が決まったら、まつる方角です。
神棚の向きが、南向き可東向きが良いとされています。
うまい場所が出入り口などで適当でない場合は、方角にこだわるよりも静かな場所を選んでください。

STEP3神棚をまつる日について

神棚を納める日よりも、お神札を納める日どりを大切にする必要があります。
大安であれば、何をするにも吉日です。
仏滅の日は、何事をするにも忌み慎むべき大凶の日とされています。

まとめ

家や家族の無病息災、家内安全を祈祷する神棚ですから、大切に守ってください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ