デフラグ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:399
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by dalight
デフラグの基本的な仕組みと機能を知って、効率よく作業出来るようになりましょう

STEP1*デフラグ

空き領域の断片化を解消することです

STEP2*どの様な時にデフラグをするのか

図書館で例えます

図書館  =パソコン
図書館の本=パソコンのファイル

図書館ではいろんな人が、少量の本を見に来たり、借りたりします
図書館からすると、結果的に複数の本が読まれています

パソコンでは、主に一人でたくさんのファイルを見ます
パソコンからすると、結果的に複数のファイルが読まれています

では、図書館の場合読まれた本はどうなるのか?
元の場所に置かれる本と違う場所に置かれる本がでてきます
この場合、違う場所に置かれると、スタッフの方も後から利用する人も本を見つけるのに時間がかかります

では、パソコンの場合、読まれたファイルはどうなるのか?
元の場所に置かれるファイルと、違う場所に置かれるファイルがでてきます
この場合も、違う場所に置かれると、パソコン内のプログラム(見つける)もご自身もファイルを見つけるのに時間がかかります

結果的に図書館もパソコンも同じことになります

この様な場合、図書館ではスタッフの方が、違う場所に置かれた本を時間をかけて元の場所に戻します

同じく、パソコンではプログラム(デフラグ)が、違う場所に置かれたファイルを時間をかけて元の場所に戻します

要するに、ファイルを見ようと思った時に、そのファイルが違う場所にあると探す事に時間を使い、見れる迄に時間がかかってしまい、結果的に動作が重くなります。

この様な場合に、あらかじめファイルを元の場所に戻しておくと、すぐに見れる様になり、結果的に動作が早くなります

この様な場合にデフラグを使います

STEP3*デフラグの作業手順

Photo by dalight
①パソコンの画面の左下にあるスタートボタンにカーソルを合わしてクリック
 します

②画面が開きますので、すべてのプログラムにカーソルを合わします→アクセ
 サリにカーソルを合わします→システムツールにカーソルを合わします→ 
 ディスクデフラグにカーソルを合わしてクリックします

③画面が開きますので、CドライブかDドライブを選んだ後に分析をクリックします。

④分析が開始されますので、しばらく待ちます

⑤分析完了後の表示された画面で最適化にカーソルを合わしてクリックします

⑥最適化がスタートしますので、しばらく待って画面が変わったら、完了カー
 ソルを合わしてクリックして完了となります

STEP4*実際にしてみた感想

時間がかなりかかりました、動作が快適になったのでお勧めです

まとめ

アドバイス・注意点

Cドライブ・Dドライブ共にする事をお勧めします

注・パソコンの環境にもより差はありますが、かなり時間がかかりますので、寝る前や外出中に実行しましょう。

注・負担がかかりますので頻繁にするのではなく、1月に一度くらのペースでしましょう

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特に必要なものはありません。 GUIDEに沿って実行するだけOKです

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ