オークションに便利なアイツ…レターパックの違い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:420
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by abes
郵便局で販売されている、レターパック350とレターパック500。
郵便局の窓口でレターパックの袋を購入し、中に荷物を詰めて、ポストに投函するだけ。
オークションの発送に便利な、レターパックの違いについてまとめてみました。

STEP1レターパック350の場合。

普通の郵便と同じ扱いです。

そのままポストに投函されるので、受取は無人でOKです。
その為に、荷物の厚さは3cmまでです。

STEP2レターパック500の場合。

宅急便と同じように、受取にサインが要ります。

手渡しが原則である為に、厚さは3cm以上でもOK。
ただし、レターパックの袋からはみ出るような場合はNGです。

両者ともに、A4サイズまで、重さは4kgまでとなっています。
お金や、割れ物は入れられませんが、信書はOKと書かれています。
どうしても受取のタイミングが合わない、荷物の厚さが3cm以下であれば、レターパック350を選択するのも良いですね。

STEP3

過去にはエクスパック500という、レターパック500と似通ったサービスが。
これは、コンビニエンスストアでも販売していた経緯があります。

レターパックも同様に販売をしているのかと確認をしましたが、現状は郵便局の窓口のみとなっています。
あらかじめ、オークションでレターパックを使うとわかっている場合は、袋をまとめ買いしておくと楽ですね。
尚、エクスパック500はもう、販売をしていません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ