すぐできるボランティア~書き損じハガキを送る

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:417
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by エンジェルB
書き損じたハガキは、1枚あたり5円の手数料を支払えば郵便局で新しいハガキか切手と交換してくれます。私はいつも書き損じハガキを10枚、20枚とためておいて交換に行くのですが、この書き損じハガキでボランティアができるそうなんです。

STEP1

書き損じハガキの回収を行っているのは、認定NPO法人「チャイルド・ファンド・ジャパン」。

書き損じたハガキ、未使用の切手など、少量でも古いものでも回収しています。

STEP2ボランティアにつながるしくみは…

書き損じハガキ、切手などは手数料を支払って新しいものと交換され、チャイルド・ファンド・ジャパンの機関紙や資料の送付に使われます。そして年間通信費から回収された書き損じハガキと同額が、ネパールやフィリピンの子供たちへの支援金として活用されるそうです。

STEP3

ネパールでは子供たちの教材が不足しているそうですが、ハガキ10枚で、ネパールの子供たちの教材が1セット購入できるそうです。

子供たちの笑顔のために、自分たちにできることから始めてみませんか?

▼詳しくはこちら。

http://www.childfund.or.jp/?cat=27

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ